製品&サービス

BIMI 技術サービス

BIMI - ブランドロゴ表示・証明書設定サービス

BIMIの役割


BIMIの役割-概要

メールの信頼性・なりすましメール被害の低減につながる新規格

BIMI(ビミ)とは、なりすましメール対策 DMARC などで信頼性の高いメールと判断された場合、メールアプリ上に指定されたアイコンを表示することで、メール受信者に対してより安全かつ信頼性の高いメールであることを示す新規格です。

既にGoogle(Gmail)・Yahoo!(yahoo.com など)・FastmailではBIMIに対応しており、今後も様々なプラットフォームでの導入が予定されています。





BIMI 導入のメリット

ブランドロゴ認知の向上

ブランドロゴ認知の向上

クラウドメールサービスでの実装が進み、自社ブランドの認知度に好影響を与えます。

なりすましメール被害の低減

なりすましメール被害の低減

DMARCの強化により、フィッシングメールやビジネスメール詐欺の対策の⼀つとして、メール受信者への被害を低減します。

メール閲覧率の改善

メール閲覧率の改善

ブランドロゴを設定することで、メール受信者にとっての視認性を高め、メール閲覧率の改善に寄与します。





あなたのメールドメインで BIMI を導入するまで

BIMI の導入にはいくつかの前提条件がございます。BIMI技術サービスで貴社のBIMI導入がスムーズとなるようサポート致します。



DMARC/25 Analyze

DMARC 分析コンサルティング

ブランドロゴの表⽰にはなりすましメール対策「DMARC」の導⼊と、p=quarantine以上のDMARCポリシー設定が必須です。
TwoFive の BIMI 技術サービスでは、DMARC 導入・ポリシーの強化を目的とした分析ツール「DMARC/25 Analyze」を提供しています。
DMARCの認証結果レポートを集計・コンサルティングすることで認証成功率を向上させ、DMARCとBIMIを適切に活⽤できるように⽀援します。


※組織ドメインで p=reject、あるいは p=quarantine かつ pct=100

※sp=none の場合は対象外



ブランドロゴ画像を証明する VMC(Verified Mark Certificate)を指定

ブランドロゴ画像の表示には、認定された認証局(Mark Verifying Authority)によるロゴ画像の所有・商標証明が必要です。MVAの一つである Digicert 社から認証マーク証明書(VMC)を申請・発行します。



ブランドロゴ画像(SVG フォーマット)を配置

ブランドロゴ画像を表⽰させるため、HTTPS サーバ上に VMC と合わせてブランドロゴ画像をアップロード・ホスティングします。また、これらの情報は、以下のようなフォーマットでお客様の DNS 情報として設定いただきます。


DNS 設定例





BIMI技術サービス その他のサービス内容

BIMI技術サービスではBIMIの導入から活用まで、様々なサービスをご用意しています。


コンサルティング
ホスティング
  1. DMARC 集計レポートの分析ツールの提供(5ドメインまで)
  2. DMARC 導入コンサルティング(5ドメインまで)
  3. DMARC 診断コンサルティング(5ドメイン・年4回)
  4. ロゴ画像・認証マーク証明書ホスティング(5ドメインまで)
証明書再販 認証マーク証明書の申請・提供(発行元: Digicert)
トレーニング
  1. DMARC/BIMI 技術解説
  2. DMARC 分析トレーニング
その他
  1. DNS 設定支援(弊社指定 CNAME 設定の場合)
  2. ブランドロゴ作成支援
  3. 随時コンサルティング
トライアル
  1. 分析ツール利用(1ヶ月)
  2. DMARC 診断コンサルティング(1回)




Contact & Download

お問い合わせ・資料ダウンロード

お見積りやサービスについてのご質問、資料ダウンロード、各種お問い合わせはこちら