製品&サービス

DMARC/25 コンサルティング

経験豊富なアナリストによるメール環境のコンサルティングサービス

2020年度も変わらずメール悪用が横行

IPA(情報処理推進機構)発表の「情報セキュリティ10大脅威2020」では、悪意のあるメールによる被害が上位に位置しており、変わらぬ脅威であることが分かります。

各種驚異の入り口はその95%以上が電子メールによるものと言われています。

実際に2016年6月から2019年7月までの間に発生した世界(177ヵ国)のビジネスメール詐欺の損失額は合計260億ドルに達し、メールセキュリティの強化は必須のものとなっています。



個人

1位 スマホ決済の不正利用
2位 フィッシングによる個人情報の詐取
3位 クレジットカード情報の不正利用
4位 インターネットバンキングの不正利用
5位 メールやSMS等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求

組織

1位 標的型攻撃による機密情報の窃取
2位 内部不正による情報漏えい
3位 ビジネスメール詐欺による金銭被害
4位 サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
5位 ランサムウェアによる被害

※情報セキュリティ10大脅威2020より引用





DMARC/25 コンサルティングにお任せください。

通常、なりすましメールの対策にはSPF・DKIM・DMARCなどが用いられますが、どれも専門的な知識が必要で、分析・集計は非常に困難です。

DMARC/25 コンサルティングサービスでは、難しい分析や集計は一切無し。

弊社アナリストがお客様のメール環境を分析し、最適な対策をご提案いたします。





DMARC/25 コンサルティングのサービス内容

STEP01

定期的な診断レポート・コンサル

直近1ヶ月分の DMARC レポートを弊社アナリストが分析し、現在のメールシステムのなりすましメール対策状況やポリシー変更に向けたチェックポイントをコンサルティングします。
なお、分析ツールとしてDMARC/25 Analyzeをご利用いただきます。

STEP02

客観的な現状把握

DMARC/25 Analyze全体のデータと比較し、お客様の対策状況が現在どういうステータスか(進んでいる / 改善が必要 / etc)を診断します。

STEP03

設定改善ポイントのご提案

DMARC/25 Analyzeで蓄積されたフィードバックデータを元に、なりすまし対策が改善できるメールサーバ・ドメインを選抜して、具体的なアクション・アイテムをご提示します。

STEP04

ポリシー変更のご提案

十分な設定改善が実施されたあと、残されたリスクを整理し、どのような(どのように)ポリシー変更をすべきかをご提案します。

STEP05

ポリシー変更後のフォロー

ポリシーを変更した後、リスクが顕在化しているかどうか、なりすましメールの流通が増減しているか、継続的な着目ポイントをお伝えし、フォローします。




Contact & Download

お問い合わせ・資料ダウンロード

お見積りやサービスについてのご質問、資料ダウンロード、各種お問い合わせはこちら