製品&サービス

SAC/25

メール環境を多角的な視点で分析・改善するコンサルティングサービス

メールを取り巻く環境の変化

2019年におけるサイバー犯罪において、その約半数がビジネスメール詐欺(BEC)であり、被害総額は17億7655万ドル(約1950億円)と言われています。

電子メールを取り巻く環境は日々変化し続けており、メールを送信する側も受信する側も、新たな内容・手法による脅威の発生と、それに対応した新たな対策の登場が繰り返す、“いたちごっこ”となっています。

一般的に「電子メールは送れば届く」と思われがちですが、実は多くの方のメール環境は脅威に晒されており、それに対してきちんとした対策を取る必要があるのです。





メール環境の改善ポイント

システム管理

サイロ化したお客様のメール環境の情報を整理し、今後のシステム管理に役立つ情報をご提供します。

メール到達性

コンバージョンとも密接に関係するメールの到達性を低下させる要因を分析し、改善活動をサポートします。

メールセキュリティ

最新メールセキュリティ動向をもとに、お客様のメール環境に導入すべき対策をご提案します。





サービスの流れ(※一例)

STEP01

現状調査

現在のお客様のメール環境の情報を頂き、整理致します。

サーバ環境/構成 サーバ構成や配送経路が分かる資料をご提供いただき、メール環境の現況を整理
配送ログ ある程度の期間、及び何か具体的な問題が顕在化している場合はその期間のメール配送ログをご提供いただき、メールの配送状況を確認
配信メールの種類 お客様へのヒアリングや配送ログの内容から、配信しているメールの種類(コミュニケーション/通知/広告 等)と、それぞれの送信元/送信先アドレス、送信経路、流量や送信タイミングなどを整理
送信ドメイン認証の対応状況 お客様へのヒアリング、配送ログやDNS設定情報から、送信ドメイン認証の対応状況を確認

STEP02

現状分析

現状調査にて整理した情報をもとにして、お客様のメール環境の状況や問題点を分析致します。

システムの設定 メールサーバやDNS設定に不備がないかを確認
配送ログ 時間帯/ドメイン/配送経路など複数の観点から現状調査の結果を詳細に分析
配信メールの種類 メールの宛先にて問題のあるメールと扱われやすい形で送信していないかを確認
DMARCフィードバック分析 DMARC/25を利用し、フィードバックデータを収集しその内容を分析
分析レポート作成 調査/分析結果のサマリを記載した報告書を作成

STEP03

改善提案

現状分析の結果から、お客様のメール環境にて実施すべき改善施策をご提案

リスクアセスメント 分析レポートをもとにして潜在リスクと対処の優先順位などを提示
短期的な改善施策の提示 調査/分析結果をもとに、優先度が高くすぐに対処するべき改善施策を検討し、提示
・システム設定不備の修正
・改善が必要なメール送信の提示等
長期的/継続的な改善施策の提示 長期的なスパンで、メール環境を維持していくために行うべき改善施策を検討し、提示
・システム状況の可視化方法の提案
・送信ドメイン認証への対応等

Contact & Download

お問い合わせ・資料ダウンロード

お見積りやサービスについてのご質問、資料ダウンロード、各種お問い合わせはこちら