TwoFive、被害が起きる前に、迅速かつ適切な対応を可能にする
なりすましメール対策支援クラウドサービスを拡充

2020.02.12 発表

DMARCをすり抜ける類似ドメイン詐称検知サービスを追加
認証失敗を日次アラート通知し管理者の利便性を向上

株式会社TwoFive(本社:東京都中央区、社長 末政 延浩)は、なりすましメール対策支援クラウドサービス「DMARC / 25 Analyze」の機能強化とサービス拡充を発表しました。 「DMARC / 25 Analyze」は、なりすましメール対策に有効な送信ドメイン認証技術「DMARC(ディーマーク)」の認証結果レポートを、集計・可視化して解析するサービスで、被害が起きる前に迅速かつ適切な対応を可能にします。今回、DMARC 認証結果をアラートメールで日次送信する機能などを追加し、セキュリティ担当者やメール管理者の利便性を向上しました。また、DMARCなどの送信ドメイン認証だけでは見抜けないなりすましメールの手口である「類似ドメイン詐称(本物に似せたドメイン)」を検知するサービスを追加し、検知結果を日次でメールアラート送信します。これにより、DMARCだけでは検知できないなりすましメールから派生する脅威を軽減することが可能となります。

※プレスリリース全文はこちら(PDF)からご覧いただけます。


図 類似ドメイン詐称アラートの例

図 日次アラート機能の設定画面