製品&サービス

DMARC / 25 Analyze

クラウド型 DMARC 解析サービス

認証結果情報(DMARC レポート)を集計・可視化して解析し、Webベースの分かり易いレポートを提供

「DMARC / 25 Analyze」は、なりすましメール対策の新しい仕組みとして注目される DMARC(ディーマーク)で提供される膨大な XML 形式の認証結果情報(DMARC レポート)を集計・可視化して解析し、Webベースの分かり易いレポートを提供します。なりすましの疑いのあるメール送信を検知した場合、レポート上に警告を表示し、管理者に通知します。
このサービスを利用することにより、自社のドメインが不正利用されていないか確認することができ、なりすましの疑いがあるメール送信を迅速に検知できます。 万一不正な送信に利用された場合でも、フィッシングメールの存在や内容を的確に把握できるので、自社のメールを受信する可能性のある顧客やビジネスパートナーに警告通知するなどにより、被害を抑止することが可能です。

DMARC / 25 Analyze 概要図

機能一覧

ダッシュボード機能 ドメイン別の集計結果や送信ドメイン認証結果の集計結果を表示します。直近2週間のあなたのメールシステム環境の状況を把握することができます。
UIカスタマイズ機能 ダッシュボードでは表示されないその他の集計結果を追加したり、好きな配置に変更することができます。
送信ドメイン認証結果の集計 DMARC の評価結果や、SPF および DKIM の認証結果を時系列グラフや円グラフで可視化します。あなたのメールドメインをなりすましているかを確認したり、メールシステムの設定不備などを見つけることができます。
処理結果の集計 DMARC ポリシーに従い、なりすましメールがどのように取り扱われたかを集計します。
レポートデータの集計 XML データで受信した DMARC レポートデータについて、細かい情報まで確認することができます。
ドメイン別の集計 登録したドメインで絞り込みをすることができます。また、メールドメインには利用していないサブドメインがなりすまされていないか確認することもできます。
DMARC ポリシーのシミュレーション ポリシーを none から quarantine や reject に切り替える前に、どのように処理されるかを推定することができます。
DKIM 鍵管理 流通している DKIM の鍵情報を集計して、DKIM 鍵管理を支援します。