製品&サービス

RSTOR

コストダウンや地域性の問題を解決するS3互換クラウドサービス

RSTOR Spaceについて

日本を拠点とするビジネス向けクラウドストレージで、標準プロバイダーと比較して80%のコストを削減し、驚異的な速度・耐久性・信頼性を提供します。


1ヶ月無料トライアルはこちら




RSTOR Space の特長

大幅なコスト削減

必要なコストは保存するデータの容量に対してのみ。データ移動には課金がないのが特長です。詳しくはこちら

高速な転送スピード

大量の小さなファイルも高速処理できるようにコンピューティングやネットワークを最適化している為、非常に高速なダウンロード / アップロード速度を誇ります。



データ保護

全てのデータを End To End で暗号化。暗号化方式として、AES-256bit を採用しています。詳しくはこちら

高い信頼性

99.999999999% の耐久性と 99.99% の可用性。また、第三者認証として SOC2 を 2020年3月に取得済みです。





機能

オブジェクトストレージ

データをオブジェクト形式で保存するクラウド型のストレージです。主な機能は以下となります。

・バケットの作成/削除
・バケットのアクセス権限の管理
・バケットのリージョン/レプリケーションの設定
・オブジェクト(ファイル)のアップロード/ダウン
・ロード/削除
・フォルダの作成/削除
・ユーザの作成/削除
・ユーザのアクセス権限の管理
・統計情報の閲覧/ダウンロード
・マルチテナントの管理(オプション)

インターフェース

下記の2種類のインターフェースでRSTOR Spaceへアクセスが可能です。

REST API 全ての機能をREST API経由でご利用可能です。
AWS S3と互換性があり、S3に対応したアプリケーションから接続することも可能です。
Webポータル ブラウザからWebポータル画面へ接続し、各種操作を行えます。




インターフェース

日本国内では東京(ap-1) / 大阪(ap-2)の2つのリージョン(※データを保存するストレージ拠点)をご利用可能です。また、米国、欧州にも複数のリージョンがあり、こちらのご利用も可能となりますのでご希望の場合はご相談ください。

RSTOR リージョン



料金


RSTOR Space / 他社オブジェクトストレージとの料金比較

ストレージ費用(1リージョン利用) : 880円(税込)/TB/月


RSTOR Spaceは、データアクセスに伴う費用がかからずストレージ費用も標準的なオブジェクトストレージに比べてとってもお得。
なので、アクセス量にも左右されることなく安価にご利用が可能です。





セキュリティ

通信の暗号化

サーバへのアクセスはHTTPSによる暗号化を標準で実施しています。より強固なセキュリティが必要な場合、インターネットを経由しない専用線による接続も可能です。
専用線での接続をご希望の場合は、お問い合わせください。

保存データの暗号化

ストレージにデータを保存する際の、サーバサイド暗号化にも対応しており、保存データも安心して管理いただけます。

自動レプリケーション

複数のリージョンをご利用いただくことで、リージョン間でデータを自動的にコピーするレプリケーションが設定できます。
レプリケーションにより、可用性の向上やDR(ディザスタリカバリ)の対応も可能です。





1ヶ月の無料トライアル


ご契約前に、無料で1ヶ月間のトライアルが可能です。トライアルでは全ての機能がご利用いただけます。


トライアルのお申し込み




現在利用中のクラウドストレージから
RSTOR Spaceへデータを移行したいときは…


RSTOR Transporter

異なるクラウドストレージ間でデータを高速自動転送できるクラウドサービス


詳しく見る




よくあるご質問

Q1.最低契約期間、最低契約容量はありますか?

A.最低契約期間は1年間、最低契約容量は20TBです。



Q2.サービス品質保証(SLA)はありますか?

A.ございます。可用性は99.99%、オブジェクトの耐久性は99.999999999%となっております。



Q3.サポートについて教えてください。

A.月額費用にビジネスタイムの標準サポート費用を含んでおります。



Q4.サービス利用事例を教えてください。

A.こちらをご覧ください。





Contact & Download

お問い合わせ・資料ダウンロード

お見積りやサービスについてのご質問、資料ダウンロード、各種お問い合わせはこちら