BANDAI SPIRITS が、なりすましメール撲滅の切り札「DMARC」を導入し可視化サービス「DMARC/25 Analyze」を採用

2019.01.15 発表

公式ショップ「プレミアムバンダイ」を詐称する犯罪メールを迅速に把握し
ブランド価値と信頼を守る

株式会社TwoFive(本社:東京都中央区、社長 末政 延浩)は、株式会社BANDAI SPIRITS(本社:東京都港区、代表取締役社長 川口 勝)が、なりすましメール対策の世界標準技術であるDMARCを導入し、TwoFiveのDMARC可視化クラウドサービス「DMARC / 25 Analyze」を採用したことを発表します。

※プレスリリース全文はこちら(PDF)からご覧いただけます。


図 送信ドメイン認証と DMARC の仕組み