Press Release

2015.11.02 発表

TwoFive、ソネットの法人向けサービス「bit-drive」に Cloudmark のメールセキュリティ基盤を提供

アンチスパム、アンチウィルスも統合し、高信頼のセキュリティサービスを支援
フィルタリング性能向上で、サーバーをダウンサイジング

電子メールシステムのスペシャリスト集団である株式会社 TwoFive(本社:東京都中央区、社長 末政 延浩) は、ソネット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 石井 隆一)が、法人向け IT ソリューションサービス「bit-drive (ビット・ドライブ)」におけるセキュリティサービスに、TwoFive が提供するクラウドマーク社のメールセキュリティプラットフォーム「Cloudmark Security Platform for Email」を採用したことを発表します。 「bit-drive」で新しく導入された「Cloudmark Security Platform for Email」は、迷惑メールの判定精度が高いので誤判定対応時間が削減できます。また、通信事業者クラスの膨大なメールトラフィックでも余裕を持って処理できる高いパフォーマンスと、高い精度のフィルタリングで無用なトラフィックが削減されてサーバー台数も削減され、総合的なランニングコストが大幅に低減しています。 「Cloudmark Security Platform for Email」では、スパムフィルタ「Cloudmark Anti Spam」、および「Cloudmark Anti Virus」および「Kaspersky for Cloudmark」の2種類のウィルスフィルタを搭載して一元的に管理・運用できます。今回、クラウドマーク社のウィルス対策、スパム対策製品の高い精度と性能はもとより、それらを統合して効率的に運用・管理できることが評価されました。

※プレスリリース全文はこちら(PDF)からご覧いただけます。